心の負担は軽くできる

状況別に確認していきたい鬱の対策とその注意点

状況別対策

胸を押さえる女性

鬱になると、次第に気力がなくなってしまうのが恐ろしいところです。既にそうなっている場合には鬱に対して調べることすら困難になるかも知れません。従って、大切なのはその症状に応じて、自分のペースで対策を立てていくことです。症状が改善されることを優先に、一つ一つ実行していければ良いでしょう。
しかし、それもままならない場合があるのが鬱の厄介なところでしょう。様々な対策の詳細は別ページにそれぞれ記載していますので、ここでは対策を始める前段階の注意についてお知らせしていきます。
まず、鬱の対策には適切な栄養素を摂取することが肝心ですが、症状によっては抗うつ剤を用いなければならないこともあるかも知れません。また、栄養素の効果的な摂取手段にプロテインがありますが、それらは、人によっては体内に負担がかかる場合があるでしょう。内臓が強くない方や疾患のある方については、栄養素摂取の際には注意し、時には実施を控えることも検討する必要があるかも知れません。特に肝臓や腎臓といった部分に負担がかかりやすいので、注意しましょう。もし肝臓や腎臓の不調を感じてしまったら、一度対策を中断するのが良いかも知れません。肝臓や腎臓の不調は、吐き気や目の充血といった症状として現れることがあります。周囲の方も、鬱を治療している最中の方にそういった症状を訴えられたら注意しましょう。
また、注意すべき重要な点が一つあります。鬱への対策がすすみ、調子が良いと感じる日がでてきたら、その日は特に注意しましょう。治療中に大事なのは、ペースを保ちゆっくり回復していくことです。精神的に好調になっても、その時に体力が落ちている場合があります。そういう精神と体力がアンバランスな状態でつい張り切って動きすぎてしまうと、それが原因でさらなる鬱に沈んでしまう状況も考えられるのです。あくまでゆっくりと、対処していくことが必要でしょう。
別ページで様々な状況や時間帯での対策をまとめましたので、参考にされてみてはいかがでしょう。

重い症状の場合

ハートと聴診器

鬱の症状が重くなると、もはや動く気力さえも失われてしまい、部屋から身動きがとれなくなってしまう場合があります。そうなると、鬱を治すという気もない場合があります。そういう場合、どうすれば良いのでしょうか。

軽い症状の場合

婦人

鬱は症状が軽いうちに回復させたいものです。鬱が本格的に進行したら、その分治療にも時間と労力が必要です。周囲の方も苦しい思いをするかも知れません。そうなってしまう前に早い段階で治療をしたいものです。

休養の仕方

頭を押さえる男性

鬱の治療には休養や投薬といった方法がありますが、とりわけ重要なのはやはり休養です。しかし、休養といってもただ休めば良いわけではなく、要点があるのです。ここで休養することで押さえておきたいポイントをお知らせします。

朝に行いたいこと

カウンセリング

症状が軽い場合、重い場合とある鬱ですが、対策を講じるスケジュールを考えたときに、朝の動きというものが大事になってくる場合があります。ここでは、対策を時間帯で捉え、そのうち朝の対策についてお知らせします。

夜に行いたいこと

婦人

鬱が進行してくると次第に動く気力をなくしてしまいます。なんらかの対策を講じたいところですが、ここでは一日のうち、夜にどんなことを行うと効果的か、という部分について見ていきましょう。